オリンピックマラソン競技オリンピックマラソン競技

マラソンコース
マラソンコース

Guide Movie & Course Point解説動画/コースポイント

独特のマラソン解説が話題のスポーツジャーナリスト増田明美さんがコースを検証。7つのポイントを徹底的に掘りさげます!
POINT 01
大通公園

スタートからいきなり重要なポイントです。まだスタートして集団が大きい状態のまま、左に連続して曲がって行くので集団の中の位置取りが重要となります。

POINT 02
白石・藻岩通

このコースで1番の上り坂です。まだ序盤なので集団は大きいと思われます。この坂を利用して集団を小さくしようと、ペースを上げる選手がいるかもしれません。

POINT 03
創成川通

日差しを遮るものがない、長い直線の創成川通。選手は右後ろからずっと太陽の光を浴びて、熱さを感じながら走ることになります。

POINT 04
宮の森・北24条通

広々とした創成川通と比べて道幅が狭くなるため、スピードを感じて走ることになります。また、直射日光から解放されるので、気持ちが切り替わるポイントになりそうです。

POINT 05
北海道大学内①

ここは道幅が狭く、右、左、右と7回連続で曲がり角が続く超テクニカルコース。誰かがスパートをかけると後ろの選手からは前の選手の姿が見えなくなるため、ここが勝負どころと考える選手も多いと思います。

POINT 06
北海道大学内②

北海道大学内の直線は、このコースで1番のオアシスポイント。緑がトンネルのように続いて木陰をつくってくれます。また、給水ポイントもあるので、選手にとっては心の泉です。

POINT 07
北海道庁(赤れんが庁舎)

北海道大学を抜けると北海道庁赤れんが庁舎が見えてきます。まるで選手たちを見守ってくれているような存在感です。選手は目標物があると走りやすいので、今回の周回コースの拠点となるポイントの1つです。

コースポイント「番外編」

マラソンコース・競歩の沿道が
道産のお花で彩られました。

オリンピックのマラソン・競歩を北海道のお花で応援。
市内中心部のコースの一部で、
コーンに代わり北海道の花き農家さんが育てたマリーゴールド
約200鉢が設置され、ランナーを可憐なお花で応援しました。

マリーゴールド
【 設置場所 】
北海道庁敷地内・札幌市北3条広場(アカプラ)ほか

コースポイント「番外編」その2

国内外のメディアを通じ、
世界の人々、来道する出場選手や
大会関係者の皆さま、
道民の皆さまを
道産花きの「ウェルカムフラワー」で
お迎えしました。

マラソンコースとなる北海道庁北門付近をはじめ、
新千歳空港・札幌駅に道産花きをふんだんに使用したフラワータワーや
壁面花壇などの大型ディスプレイを設置し、
「北海道花の日(毎年8月7日)」に合わせて、
「北海道の花」の素晴らしさをお伝えしました。

北海道花の日
  • フラワーディスプレイに使用している北海道の花

    北海道庁(北門付近)の一例
  • ゼラニウムゼラニウム
    (石狩市)
  • ニューギニアインパチェンスニューギニアインパチェンス
    (音更町)
  • アイビーゼラニウムアイビーゼラニウム
    (音更町)
  • スイートアリッサムスイートアリッサム
    (札幌市)
  • トラディスカンチャートラディスカンチャー
    (札幌市)
  • プラティーナプラティーナ
    (札幌市)
  • 千日紅千日紅
    (北広島市・秩父別町)
  • ディゴンドラディゴンドラ
    (札幌市)
  • バーベナバーベナ
    (音更町)
  • ダスティミラーダスティミラー
    (日高町)
  • キリン草キリン草
    (札幌市)
  • 日々草日々草
    (札幌市)
  • かすみ草ジプソフィラかすみ草ジプソフィラ
    (石狩市)
  • ケイトウケイトウ
    (空知郡)
【展示場所および展示日 】
・新千歳空港 ▶︎7/22(木)~7/25(日) ・JR札幌駅▶︎7/22(木)~7/25(日)
・北海道庁(北門付近)▶︎7/21(水)~8/9(月)
【展示場所および展示日 】
・新千歳空港 ▶︎7/22(木)~7/25(日) ・JR札幌駅▶︎7/22(木)~7/25(日)
・北海道庁(北門付近)▶︎7/21(水)~8/9(月)

Sapporo City Guideコース沿道の観光情報